まつまえ

s-まつまえ1.jpg

撮影しているフェリーボートで最古参が(まつまえ)です。

三厩~福島航路を開設しましたのは青森商船、かつては青森市から津軽半島の各港を北上して龍飛から福島港を結んでいるのを鉄道時刻表復刻版で確認しました。
国鉄が青函トンネル建設の為、津軽線を開通させて交通事情が改善され、三厩~福島航路にフェリーボートを投入して活路をみいだそうとしたのかも知れません。
ツタイが1965年頃に船を買い取り、東側の大間~函館の道南海運が運航してた(大函丸)も買い取り二航路の東日本フェリー創設です。

1982年に東日本フェリーから売船されて、同航路は休止となりました。


s-まつまえ2.jpg

一度乗った事ありまして、乗船前に撮影したのがコレです。
車両甲板の上は青天井、お客さんが右側に入ってますが、下に椅子席、上に畳の客室、左側も同じ構造でした。
制限高さと書いている上に長椅子が置かれている遊歩甲板、その先は操舵室になります。

初期のフェリーボートこのような構造でしょうか。
s-つがる.jpg
好景気に沸いた1990年頃三厩~福島航路は(つがる)を投入して再開されました。
礼文~稚内~利尻を結んでいた(第一宗谷丸)を用船しての運航、撮影の後乗ろうとしましたが次回の気持ちがあって乗りませんでした。


s-英鶴丸.jpg
(つがる)になっても運航率の低さが目立ち、三厩港・福島港を大きいフェリーが入れるように改築する事になり、三番目として英鶴丸が投入されました。
乗船と決めて、乗りまして客室が全て椅子席で、かつて瀬戸内海を走ってた当時のままなのでしょう。
後方のサイド開口部から海水が入り、津軽海峡を長い期間航行するなら、塞いだほうがと思いましたが1シーズン営業して去りました。
以来同航路は運航されてません。

この記事へのコメント

おか爺
2022年02月06日 19:00
素晴らしい!!

この記事へのトラックバック